日本で輸入住宅を建てる際に注意すること

近年では海外のオシャレで開放的な輸入住宅の人気が高くなってきていますが、海外のものを日本で建てる場合、どうしても注意点がいくつか出てきてしまいます。

もし大事なポイントを見落とせば、快適な生活が送れなくなるリスクもあるので、事前にしっかり理解しておきましょう。輸入住宅と日本国内で作られた住宅の最大の違いは、日本の気候や風土に適しているかどうかという点です。
一般的に輸入住宅として人気があるのは北欧やアメリカなど、乾燥していたり寒さが厳しい地方のものが多いという特徴があります。
このような場合、窓を小さくしたり気密性を高めて冬の寒さを防ぐ構造になっているため、そのまま日本に建ててしまうと湿気がこもって大変なことになってしまいます。特に日本の梅雨から夏にかけての時期は、高温多湿でただでさえ湿気がこもりやすくなっています。



気密性の高い輸入住宅では、このような時期はカビが繁殖したり、資材が腐食しやすくなってしまうのです。これを防ぐために、建築する際には防湿対策などがしっかりされているか確認しておく必要があります。
また、地盤沈下の心配もあります。
一般的に海外の住宅は、日本のように木材ではなくレンガや石材などを多く使用しており、重量が非常に重たくなっています。



木造の家なら問題ない地盤でも、このように重量がある家だと重さに耐えきれず地盤沈下を起こしてしまうリスクもあるのです。
さらに、日本は地震が多い国であるため、レンガなどを積んでいると揺れで落下してしまう危険性もあります。